受験は京都の修学塾!少人数授業と個別指導

少人数授業と個別指導で京都の受験生を応援します。

少人数授業と個別指導!受験は京都の修学塾で

少人数授業は最大で1クラス5〜6人程度。講師の能力をすべて発揮して授業いたします。分からないところは個別にサポート!

個別指導は先生1に対して生徒は最大でも2人。塾の情報や教材をフル活用して、家庭教師以上に細かいケアをいたします。

京都の塾

よく長文を読むときのアドバイスとして耳にしますが、「英語は速読!まずは文章全体を読んで、なんとなく意味をつかんでから・・・」というセリフがあります。

残念なことに、一文一文を訳せないのに全体を見たらなんとなく意味が分かる、なんていう不思議な現象は起こりえません。起こるとすれば悲しい勘違いです。

本当の意味での速読をするには、一文一文を丁寧に読む、その速さを上げていくしかありません。

英語をすでに習っているにもかかわらず伸び悩んでいるのは、一番初歩のところで正しい勉強をしていないから

であることが最も多いのですが、多くの人はそれを「勉強不足」「才能がない」のだと勘違いしています。

原因は英語構文・英文法の本質的理解にあります。

英文を読むためのルールを身につけて、システマティックに読解出来るようにすることがレベルアップへの第一歩です。

基本に立ち返って正しいやり方で英語を学べば、学力成績はおのずと上がるものです。

高校受験、大学受験に向けて基本を“完璧に”押さえて、正確に早く英文を読解していきましょう。


 名のとおり生徒別に最も適した授業・アドバイスを行うスタイルです。生徒の要望にこたえて授業を進めていきます。塾の指導ノウハウと講師の高い実力をもって、家庭教師以上の細かいフォローが可能。やる気さえあれば、どんな苦手な生徒にも分かりやすく、楽しく教えます。ぜひ1度体験授業にお越しください。弱点対策など無料でアドバイス差し上げます。

□講師1人に対して、生徒2人が基本です。(こちらの都合で偶然1対1になることもあります。)
□授業内容は各生徒に合わせます。学校の先取り、フォロー、弱点の補強など。
既習範囲に大きな弱点がある場合は、学年を戻って基礎から始めます。(たとえば、中学3年であっても、中1の基礎計算が出来てない場合は、中1範囲から基礎を固めていきます。成績を上げるにはそれが近道だからです。)こういう場合は、週に2回数学の授業を入れるなどして、なるべく早く基礎が終わるようにします。
□宿題は出します。基礎の記憶や反復演習などがメインになります。分量は、生徒を見て、ちょうどいい量を出します。
□前日までに連絡いただければ、別の日に振り替えをします。

京都の塾 京都の塾 個別指導 個別指導 個別指導 個別指導 塾 塾

修学塾の国語の授業にはキーワードがあります。

それは「サーチ」

サーチ読解法で、国語のあらゆる問題を切っていきます。

国語はセンスで決まるわけではありません。

問題解法のルールを知れば、長い文章の中から解答に必要な部分を一瞬で見極め、迷うことなく正解を選び出すことが出来ます。

解くたびにやり方が変わるようなあやふやな解法を教えても意味がありません。

「サーチ」のルールと使い方を習得し、それを使って全ての読解問題を解いていきましょう。

「サーチ」を使えば、文章が難解すぎて文章全体の意味を完全に把握できなくても、解答を出すことは出来るのです。

漢字テストや語彙力テストで単語力を鍛えつつ、

解答根拠の探し方と選択肢の絞り込み方を集中的に学習していきます。

国語の内容把握よりも問題の解き方に特化した“試験必勝法”の学習です。



数学は高校受験や大学受験レベル程度ではいわゆる「ひらめき」は必要ありません

正しい順序・正しい勉強法で学んでいけば、志望校合格に必要な学力はしっかりとつくものです。

単なる公式の暗記ではなく理解。本当に利用する数学知識だけを紹介し、あとはその知識を最大に活用して問題にあたっていきます。

演習は出来る限り宿題でこなし、授業では宿題の解説と新しい問題解法の説明を扱い、効率的に講義を展開していきます。

中途半端な理解のまま、先の単元へは進ませません。

また近年は、計算力が低下している傾向にあります。

方程式を解くにも、図形問題を解くにも、最後は計算になります。計算に強い人=数学に強い、といっても過言ではありません。

宿題では単純な計算問題にも力を入れてもらい、繰り返し解くことで、計算をより速くより正確に磨いていきます。

高校数学では数式を図形的に解釈することで簡単に解ける問題もある、など学校で習わない数学のテクニックも教えていきます。


授業スタイル 実績 塾生の声 料金 フォト 講師紹介 代表の言葉 校舎案内 体験授業
京都の塾