受験は京都の修学塾!少人数授業と個別指導

授業スタイル 実績 塾生の声 料金 フォト 講師紹介 代表の言葉 校舎案内 体験授業
京都の塾

少人数授業と個別指導で京都の受験生を応援します。

少人数授業と個別指導!受験は京都の修学塾で

少人数授業は最大で1クラス5〜6人程度。講師の能力をすべて発揮して授業いたします。分からないところは個別にサポート!

個別指導は先生1に対して生徒は最大でも2人。塾の情報や教材をフル活用して、家庭教師以上に細かいケアをいたします。

各塾からエース京大生講師が集合!もっとも成績が上がりやすい少人数授業スタイルで、京都塾業界の1位を獲りにいきます。
京都「修学塾」京都大学の頭脳で個別指導×クラス授業
家庭教師 家庭教師 家庭教師 家庭教師 家庭教師 京都の塾 京都の塾 京都の塾

この一義を達成していなければ講師として存在の意義はないと考えます。

一義を達成するために、

・授業を楽しくする、生徒を元気付けるために常に元気でいる
・生徒の長所を褒める
・遅刻は叱る

など、いろいろな心構えや技はありますが、いくら授業が楽しくても学力が上がらないのでは意味がありません。

“楽しい授業”を目的とするのではなく、学力を上げるための最善の手段として“楽しい授業”があるのだと心してください。


上の文章は、2万字にも及ぶ修学塾の「講師心得」の導入部分です。

僕は“塾の武器は講師の実力がすべて”であると考えています。

もちろん情報量やサポート制度などバックアップも重要ですが、塾の根本を支えるのは講師の実力です。

修学塾では、この考えに基づき、講師の選抜・成長にもっとも力を注ぎます。

講師は全て京都大学の院生・学生ですが、京大生だからと言って修学塾の講師になれるわけではありません。

修学塾では、「京都大学生」から選ばれた「熱意と元気あふれる明るい人材」が、

「講師としての心構えや技術」を日々磨きながら、自分の「得意とする科目」を自信を持って教えています。

仕事と割り切って淡白に働くのではなく、教えるのが好きな人たちが切磋琢磨しながら楽しくやっているので、本当にいい雰囲気に満ちています。

保護者の方から“修学塾の講師の質は高い”とのお声をいただくことも多く、大変光栄でございます。

まだお会いしたことのないみなさんも、自分の目標に出来る講師を見つけに、ぜひ修学塾に足を運んでください。



修学塾が求める講師像を少しでもお分かりいただければと思い、本来は講師のみに配布している「講師心得」の一部を抜粋して以下に記載しておきます。

「講師心得」は修学塾の講師として“かくあるべし”とする講師成長の指針であり、2万字にも及ぶ修学塾のバイブルです。

このページだけをご覧になった方にも「修学塾の指導はためになる」と思っていただけたら望外の喜びでございます。


よく言われることですが、自分が勉強して成績を上げるのとそれを教えて生徒の成績を上げるのはまったく違います。

教え始めたらすぐに分かることですが、自分が1を理解することは1の努力で出来るとしても、生徒に1を伝えるには自分は10を知らないといけません。

あらゆる角度からの質問に答えられるように自分が学習した上で、その中からもっとも使用頻度の高い部分だけを効率的に生徒に教えて上げましょう。


塾に来て講師が疲れているのでは勉強する元気も出ません。

生徒の前では常に元気な姿を見せるようにしてください。

修学塾のカラーとして“明るく、楽しく、元気な授業”を心がけましょう。

ひたすらピリピリと勉強していられるのは高校3年、よくて2年くらいになってやっと出来るかどうかです。

1時間以上も集中をとぎらせることなく同じ科目をやり続けるのが難しいことは経験的に分かるでしょう。

また、成績が上がれば勉強は楽しくなるものですが、それまでは苦痛でしかありえません。

そこまでを少しでも楽しくステップアップさせてあげるためにも“明るく、楽しく、元気な授業”を心がけ、1回の授業で最低1回は生徒を笑顔にさせてください。

科学的見地からも、笑っている間は脳が活発に動いているので集中状態にも入りやすいのです。

とはいえ笑わせているばかりでは授業になりません。

メリハリをつけることは肝心。うまく笑いを授業の起爆剤にしましょう。


塾は学校と違い、生徒はお金を払って習いに来ています。ですから、「この先生ではダメだ」と判断されたらすぐに生徒は辞めていきます。

塾の講師にとって授業とは1回1回がショーだと心がけましょう。

ショーである以上は相手を楽しませ、ためになったと思わせるものでなければいけません。

楽しませるうちには“笑いの楽しさ”も一部には含みますが、本質的には“勉強が出来るようになったという楽しさ”であるべきです。

また、ショーはお客様のためにあらねばなりません。

野球少年に崇高なオペラを聞かせてもすぐに寝てしまうように、合わないショーは響きません。

相手に合わせてどこを教えるべきか的確に選択し、分かりやすく教えてあげましょう。


意図を明確に伝えるというのは、これから教えることがどれだけ重要なのかを先に分からせるということです。

伝える内容の重要度をあらかじめ教えておくことで、聞き手の集中力・興味を引き出すことができます。

これはプレゼンテーションの上手いやり方にも通じるものです。

「重要なのは当然なんだから、説明しているうちに分かってくれるだろう」などという勝手な希望を持ってはいけません。

仮に説明せずに伝わる場合であっても、そこをあえて言語化し、より正確に伝えることで、もっと短時間で目的に達することができるでしょう。

これはとても重要な技術なので話し方の例を挙げておきましょう。

・・・・(話し方の例は秘密です。(笑))


講師の仕事は“ためになることを教える”のもそうですが、“成績を上げる”のが第一義です。

分かりやすい参考書などがあれば積極的に授業に活用してください。

本を読めば分かる内容なら、講師が全て説明するより参考書を読む方が「自学力」も養えるため効率がよい。

個別授業で教えるときなども、相手が高校生であれば参考書を1冊買ってもらい、

「次に〜〜の問題を用意しとくから、〜〜のところまで読んで理解しといて。分からんところがあったら付箋を貼って、あとで質問してな。」

というようにすると、テンポよく授業が進むでしょう。

講師が「自分がいいセリフ」を言いたいというエゴのために、全て説明していると時間がもったいないのです。

どうやったら成績を上げるための最短ルートを走ることが出来るか。

これを生徒に示し、導くのがよい講師というものです。

合理的な勉強法で、能率よく生徒の成績を上げていきましょう。


これは集中力を保たせる技の1つです。

集中力が切れてくると手が机より下に下がって、だらーっとした姿勢になってきます。

常にペンを持たせて、左手も机の上に出しておけば集中力が切れにくくなります。

そもそも人間の集中力とは散漫なもので、一点に集中させるにはそれなりに補助作業がいります。

人差し指をパッと立てると、その一点に集中するでしょう。

机の上にテキストを出して勉強するときは、ノートを押さえる左手とペンを持つ右手の間の部分にもっとも意識が集中しやすいのです。ぜひ活用ください。

姿勢を正させるのも集中力を保たせる一因です。

姿勢が曲がっていると手元は暗くなるし、血流が滞留するので脳に酸素が回りません。

生徒の背筋が曲がってきたら、背中をポンとたたいて一言「まっすぐしぃや」と言ってあげてください。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ホームページを完全リニューアルしました。
こちらをクリックして下さい。

京都「修学塾」http://www.shugakujuku-kyoto.com

今後とも修学塾を宜しくお願い致します。